翌日に影響を与えない!技あり筋肉痛を早く治す方法

おすすめケア

おすすめケア

競技別で筋肉痛を予防する方法

野球やソフトボールなどの投げ込み系スポーツ

ボールを投げる動作を頻繁に行なう関係上、利き腕を頻繁に使用することが多いです。ケガを防止するためには、練習後は利き腕など頻繁に動かす部分をアイシングなどを行ないケアをするのが大切です。

サッカー

足を酷使する印象を抱くスポーツですが、体のバランスを取りながらドリブルやパスを行なうため、全身筋肉痛を引き起こしやすいです。予防のためには、練習前後に軽く走る、ストレッチで特にアキレス腱やひじを伸ばす、足首や腰を回すなどの動作を念入りに行ないましょう。

格闘技

サッカー同様、全身の筋肉をくまなく使うのが格闘技。練習後のクールダウンは、翌日に疲れを残さないために欠かさず行なった方が良いでしょう。使った箇所を念入りにストレッチやマッサージを行なえば、疲労も取り除きやすく、筋肉痛を引き起こしにくくします。

テニス・バドミントン

下半身を酷使するテニスやバドミントンは、足全体に疲労が溜まりやすくなります。ストレッチは勿論ですが、足の裏やアキレス腱、腰回りを丁寧にマッサージをするのがおすすめです。また、ラケットを常に持つ利き腕も、筋肉痛を引き起こさないためにこまめなケアが必要です。

スキー・スノーボード

バランスを取るために、足を踏ん張ることが多いウィンタースポーツ。股関節や土踏まずあたりは、特に酷使するなので、滑る前に酷使する箇所をメインに念入りなストレッチを行なうのが望ましいです。万が一のために、消炎鎮痛剤を準備しておくのも有効です。

運動後にやるべきケア

ランニング

アイシング

運動後、特に強い炎症が起こっている箇所をアイシングするのも効果的。患部を冷やすことで、血流抑制・血管収縮・痛みを伝達させる神経を麻痺させられるので、筋肉痛特有の炎症症状を抑えられます。ずっと冷やし続けず、1回20分程冷やすのが理想的です。

温熱療法

体が重い、あるいはだるいと感じた場合におすすめの療法。筋肉痛を引き起こしている患部を温めることで血流を促進し、傷ついた箇所に酸素や栄養素を送り込みやすくします。自宅のお風呂で行なえる方法で、患部をお湯につけながら軽くマッサージを心がけてください。

軽い運動

一見、かえって筋肉痛の症状を悪化させる印象を抱きますが、そんなことはありません。炎症によって、筋肉が凝り固まったままだと血流が悪化し、症状が改善されにくくなります。ストレッチや軽いウォーキングなどを行なえば、筋肉がほぐれて症状が改善傾向に持っていけます。

動くたびに痛い!筋肉痛を治すテクニック集

マッサージ

どうやって治すのが効果的?

筋肉痛を早く治す方法としておすすめなのが、筋組織に必要な栄養素を補給することです。必要な栄養素なら、食材からでも補給できますが、人によっては難しいものです。手軽に筋組織を再構築させるのに欠かせない栄養素を補える食品や医薬品を紹介します。

READ MORE
ランニング

即効性にこだわるなら

早い段階で筋肉のリカバリーをしたいなら、運動後に行なうべきケア方法があります。特別な道具や食品を用いらない方法ばかりなので、気軽に始められます。翌日まで疲労を蓄積させないために、こちらで筋肉痛を早く治す方法をチェックしておきましょう。

READ MORE
広告募集中